ステイン除去の基本となる歯磨きの正しい方法

ステインを除去するための歯の磨き方

歯ブラシの硬さはどれがいい?

歯ブラシの硬さには「かため」「ふつう」「やわらかめ」などがあり、更に「山切りカット」や「スクエアカット」など、毛先の形状にも違いがあり、選ぶのがなかなか難しいものです。ステイン除去と虫歯予防では、オススメの歯ブラシや磨き方も違います。

ステイン除去に向いた歯ブラシ

  • 毛先はやや固め
  • ヘッドが小さいもの
  • 毛先のカット方法はお好みで

あまり毛先が柔らかいとステインをしっかりこすれず、効果が薄くなります。虫歯予防の歯ブラシは「やわらかめ」や「ふつう」にし、ステイン除去を行う場合は少し固めの歯ブラシを選ぶと良いでしょう。

歯ブラシのヘッド(ブラシ部分)はあまり大きくないほうが口に入れやすく、動かしやすくなります。毛先はフラットなものの方が良い、毛先がラウンドカット(整えられた丸い毛先)でないほうが良いなど諸説ありますが、自分の好みで選んでOKです。

ステイン除去の歯磨き方法

それではステイン除去の歯磨きを行いましょう。普通の歯磨きを終えたら、ステイン除去効果のあるペーストやジェルを、やや固めの歯ブラシにつけ歯だけを磨きます。この時に注意したいのがポイントは大きく3つです。

  • 力を入れすぎない
  • ゆっくりと磨く
  • 鏡をよく見る

ステイン除去では歯だけを磨きます。研磨剤とブラシの硬さで歯が削れてしまわないよう、優しくゆっくりと歯を磨きましょう。歯の付け根や奥歯、横の歯などはステインがつきやすいため、手鏡などで確認しながら磨くのがオススメ。

ブラッシング方法にとらわれず、歯にブラシがしっかりあたるように、タテ、ヨコ、ナナメなど、歯ブラシを自在に動かしましょう。歯磨き後は口をすすぎ、歯の状態をチェックすることも忘れずに。

MENU

ロスカット