Q&A

ステイン除去の素朴な疑問

普通の歯磨きと違うの?
ステイン除去も普通の歯磨きも、基本的には歯ブラシで歯を磨くことには違いがありません。しかし、虫歯予防や歯周病予防の歯磨きでは、歯垢を取り除いたり、歯茎の血行をよくすることがポイントになります。
一方ステイン除去では、歯についたステインを落とすことが目的です。歯についた着色汚れを中心に、まずは基本の歯磨きをしてからステイン除去を行いましょう。
デメリットはないの?
ステインがつく理由に、歯に膜を作るペリクルという成分の働きがあります。ペリクルは歯に密着して、ステインとなる原因成分も歯にくっつけてしまいますが、虫歯菌から歯をコーティングする役割もしています。
毎日除去してもいいの?
歯磨き粉を使って、毎日ステイン予防をするのは、出来れば毎日行いたいところ。ステインが気になるほど着色してしまってからではなく、毎日の予防ケアで、ステインがつきにくくなります。
しかし、ステイン除去専用ケア用品を毎日のように使うと、ステインだけでなくペリクルが剥がれ過ぎ、歯を虫歯から守れなくなります。また、過剰に歯をこすり過ぎると、歯のエナメル質が剥がれ、かえってステインがつきやすくなることにもなります。ステイン除去専用アイテムを使うときには、「1週間に1回」「2週間に1回」など、使用方法を守りましょう。
ステイン除去はいつ行うのが効果的?
ステインは歯磨きすれば簡単に取れますが、1時間ほどでまた分泌され、歯に膜をつくります。しかし、食べ物を食べた後の口内は歯が傷つきやすい状態になっており、研磨剤入りの歯磨き粉で毎回こするのは考えものです。
食後は食べ物のステインがつきにくいよう、軽く口をすすぐ、何も付けずに歯を磨くなどし、寝る前にステインケアを行うとよいでしょう。
毎日の歯磨きを1~2回、しっかり行うようにし、定期的なステインオフの専用ケアを繰り返すだけで歯の白さは際立ってきます。ステインを溜め込まないように注意しながら、ステイン除去のケアを怠らないようにすると良いですね。

MENU

ロスカット