ステイン予防のために普段心がけておくべきこと

ステインをつきにくくする習慣

せっかくキレイにした歯。ステインを出来るだけつかないようにするには、どんな工夫をすると良いのでしょうか。

  • 食後に水を飲む/口をすすぐ
  • ガムを噛む
  • 歯磨きをきちんと行う
  • 歯を傷つけない
  • 禁煙する
食後に水を飲む/口をすすぐ
コーヒー、紅茶の他、カレーや赤ワイン、チョコレートなど、多くの食品がステインの原因となります。着色が気になるような食べ物を食べた後は、食後に口をすすぐ、水を飲むといった習慣を身につけましょう。水で口の中を洗い流すことで、最後に食べた物がステインとして吸着するのを予防できます。
ガムを噛む
口内の唾液が不足して起こる症状が「ドライマウス」です。口を開けっ放しだったり、唾液の分泌不足だと、歯が乾燥してステインがつきやすくなります。ガムを噛む、食事の時はよくかんで食べる、口を乾燥させない工夫がポイントです。
歯磨きをきちんと行う
基本は普段の歯磨きです。虫歯や歯周病予防の歯磨きにプラスして、ステイン予防効果のある歯磨き粉を継続して使いましょう。白さの状態を確認するためにも、鏡を見ながら歯磨きをするのがオススメです。
歯を傷つけない
ゴシゴシ力を入れて歯を磨くと、歯の表面が傷つき、凸凹してステインが付着しやすくなります。急いで落とそうとせず、少しずつはがしていく感じで歯磨きを続けましょう。慌てて強めに歯を磨きすぎ、ステインが悪化しては逆効果です。
禁煙する
タバコのヤニでのステインが気になる場合は、禁煙するのがもっとも良い方法です。禁煙することでステインだけでなく、虫歯や歯周病予防にも効果が期待できます。禁煙したからとすぐに歯が白くなるわけではありません。溜まったヤニのステインを除去しつつ、キレイな歯を取り戻したいですね。

毎日の食事でステインが歯についてしまうのは仕方のない部分もあります。それでも、心がけ次第で予防は出来ますし、白い歯をキープすることは可能です。毎日肌や髪の様子を気にかけるように、歯の色や状態もチェックしたいですね。

MENU

ロスカット