ステインが出来る原因

ステイン付着する理由と原因

ステインとは

毎日歯磨きをしていても起こる歯のくすみ・黄ばみ。歯の着色汚れのことをステインと呼びます。紅茶、緑茶、コーヒーに含まれる色素やタバコのニコチンなどが長期間にわたって歯に沈着すると、ステインとなり見た目の悪化につながります。

ステインとペリクル

歯の表面をコーティングしているのが「エナメル質」です。歯のツルツルした感じや白さは、このエナメル質の特徴です。エナメル質は唾液が作り出すペリクルという薄い膜でおおわれており、これにステインの元になるタンニンやニコチン、カルシウムや金属イオンなどが結びつくことでステインになります。

ペリクルは歯を虫歯にする酸から守ってくれる役割がある一方で、ステインを吸着してしまいます。

ペリクルは時間が経つとエナメル質に定着してしまうため、繰り返しの飲食や喫煙で、少しずつステインはに付着し、黄ばみや黒ずみとなって現れます。

加齢でも起こるステイン

ステインは20代頃から目立ちはじめ、30代以上になるとなかなか落ちにくいと言われています。人間の歯は通常6~7歳頃に永久歯に生え変わり、その後は生涯そのままです。長い年月の間に、ステインも頑固になると落としにくくなってしまうのです。

間違ったホワイトニングに注意!

ステインを除去するために行うのが歯のホワイトニングです。以前は審美歯科などにかかって大掛かりな治療を行う方法がありましたが、最近ではホームホワイトニングでも十分な効果が得られるホワイトニングアイテムが増えてきました。

しかし、ステインが落ちにくいからといって、歯の表面を無理やりこすったり、強力な研磨剤や漂白剤のある歯磨き粉を使用するのは問題です。エナメル質をコーティングするステインを無理やりはがしてしまうと、エナメル質が削れてしまったり、歯の表面に傷ができて、更にステインがつきやすくなることもあります。

ステインを何とかしたい!と思ったときは、エナメル質を傷つけず、ペリクルだけをうまく剥がす必要があります。

MENU

ロスカット